Voigtlanderの外付けファインダー

レンジファインダーの場合、レンズを交換してもボディのファインダー内の像は一眼レフと違って大きさが変わるわけではなく、ビューファインダー内のブライトフレームと呼ばれる「焦点距離に合わせた画角を示す枠」に切り替えて構図を決めるわけです
おぢの購入したBESSA R3Aの場合、このフレームは40/90mm、50mm、75mmの4種類の焦点距離のものが内蔵されています。

じゃあ、これ以外の焦点距離の場合はどうするのか?というと、外付けで用意されているビューファインダーをアクセサリーシューに取り付けて、それを覗いてアングルを決めることになります。

で、問題なのはこの外付けファインダーの見え具合はどうなのか?ってことになりますね
今、購入検討中の15mm21mmの場合は、このビューファインダーが付属しているんですが、その見え具合はどうなのか?多少気になってます

確かにライカなんぞのビューファインダーの場合、下手なレンズより高い値段がついてるくらいですから、見え具合なんかもしっかり補正されてるんだろうな~などと勝手に想像してますが、Voigtlanderの場合はどうなんでしょうね。

どこかで確認するってわけにはいかないものか?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック