モノクロ写真 その2

土曜日にR3Aで撮ったモノクロ写真を受け取ってきました
昨日の夜には出来上がってたんですがね、出来上がり予定が遅かったので今日に延ばしてました(汗)

で、出来上がりですが、やはりカラーとモノクロでは違いますね
いえね、別に色が付いてるとか付いてないとかではなく、やはりモノクロでこそ生きる表現ってのはありますね
カットによって、「おっ、コリャいけてるね~」ってのと、「あれ~??」ってのがゴチャマゼです
ニコン塾の後でいつも寄る近くのコーヒーショップ(EXCELSIOR CAFFE)で、カメラにフィルムを入れて先ずは店内と言うか自分の前のテーブルを撮るんですが、このカットが結構イケてます
カラーで撮ったのもなかなかの雰囲気なので期待はしてたんですが、いや~、モノクロの方がグッと良い感じですね

逆に今一つなのが、コントラストが付きすぎてると言うか、緑の濃ユイ風景ってのは駄目ですね
露出補正を巧くしないと、せっかくモノクロなのに全体にトーンが無くなってる感じです

いや~、モノクロって昔はソコソコ何もしなくてもそれなりに撮れてたように思うんですが、どうも近頃のカラー全盛の世のカメラでは、逆に思ったように撮るにはかなり経験が求められるようです
ツボに嵌った時の、モノクロ独特の雰囲気のある仕上がりを見ちゃうと、これはチャレンジのしがいがあります

という訳でもないんですが、プリントを受け取った後、向かいのフィルム館でまたもやモノクロフィルム2本入りのヤツ、買ってきました
明日から1泊で出張ですが、R3Aとモノクロフィルム持っていくつもりです(何やってんだろう?大丈夫か?~)

この記事へのコメント